沿革

1916年(大正 5年) 初代創業者である伊藤勝三郎が名古屋において、時計部品、
電気部品、精密ねじ部品の製造を行う
1934年(昭和 9年) 勝三郎長男、伊藤利一が業務を継承
1941年(昭和16年) トヨタ自動車株式会社より受注、自動車部品の生産を開始
1943年(昭和18年) 協豊会(後の東海協豊会)発足、伊藤金属工業入会
1945年(昭和20年) 石田退三氏の紹介により刈谷市司町のガラ紡工場を買い取り、
本社工場として操業を開始
1947年(昭和22年) 株式会社に改組し、社名を伊藤金属工業(株)として新発足、
資本金19万8千円とする
1963年(昭和38年) トヨタ自動車株式会社より
トヨタ車月産3万台突破を記念して感謝状を頂く
1970年(昭和45年) 愛知県東加茂郡旭町に、旭工場を建設日
1978年(昭和53年) 二代目伊藤泰利、社長に就任
1979年(昭和54年) 資本金を倍額増資し、5,000万円とする
1984年(昭和59年) 旭工場を経営効率化のため統合
刈谷市小垣江町に工場を建設し、本社機能を移転
1987年(昭和62年) 本社工場に第二工場を建設、稼動開始
2012年(平成24年) 三代目伊藤嘉英、社長に就任 伊藤泰利、会長に就任
刈谷市小垣江町に、第三工場建設、稼動開始
刈谷工場(刈谷市司町)閉鎖
2013年(平成25年) インドネシア、カラワン工業団地へPT. ITOKIN INDONESIAを設立
2016年(平成28年) 創業100周年を迎える